デビットカードの費用

デビットカードはオフライン・オンラインともにキャッシュレス決済をおこなえるカードのことであり、代金分が自分の銀行口座から即時引き落としされるのが特徴です。支払いは一括であり、クレジットカードとは異なり入会のための審査が基本的に不要で、年齢も中学生を除く15歳以上であれば取得することが可能となっています。

預金残高以上の支払いができないためつかい過ぎの心配がなく、海外での買い物や現地通貨の引き落としでも利用が可能なため、デビットカードを持つ人がいまは非常に多くいます。ただし、取得したい人はさまざまな手数料がかかり得るということをあらかじめ理解しておく必要があります。

デビットカードの発行会社により手数料の有無や金額は異なりますが、おもな手数料としては入会金、カード発行手数料、年会費、ATM手数料、為替手数料を挙げることができます。いずれも費用負担を軽くして利用したい人にとっては無料であるに越したことはありません。なお、入会金やカード発行手数料は初期費用、年会費は毎年かかる費用、ATM手数料や為替手数料は出金など利用するたびに発生する費用です。入会金やカード発行手数料は一度しかかかりませんが、年会費やATM手数料・為替手数料は利用している限り発生する費用ですので、とくにこれらは無料であったり、安いに越したことはありません。

当サイトでは、デビットカードに関する費用のなかで、とくにわかりにくいといわれることの多い国内・国外で利用した場合の手数料や、インターネットショッピングをした際の手数料について解説しています。疑問をすっきり解消して申し込みをしたい人は参考情報としてお役立てください。

[PICK UP]
クレジットカードに興味のある方はこちらの総合情報サイトを参考にしてみて下さい ⇒ クレジットカード